INFORMATION お知らせ

新機能「士官追放」実装

大戦略WEB運営チーム 投稿日時2018.10.24 12:00閲覧数 1938

いつも『大戦略WEB』をお楽しみいただき誠にありがとうございます。
『大戦略WEB』運営チームです。

2018年10月24日(水)メンテナンスにて、以下のアップデートを行いました。

 新機能「士官追放」実装

条件を満たすことで捕獲・収容した士官を、追放することができる機能を実装いたしました。
※収容中または、追放開始が実行された士官は条件により解放されます。
※追放を実行された士官は消滅し、使用することが出来なくなります。

また、士官追放の実装により、士官を捕獲することが可能となる特殊アビリティや、
捕獲した士官を収容・追放することができる新施設が登場します。

 >>士官を捕獲することができるアビリティについてはコチラ
 >>捕虜を収容する新施設「収容所」についてはコチラ
 >>追放についてはコチラ
 >>追放を実行する手順についてはコチラ



士官を捕獲することができるアビリティについて

相手基地へ攻撃を行った際、兵器編成数を0にした相手戦闘部隊の士官を確率で捕獲することができる
アビリティが新登場。

▼捕獲アビリティの入手方法
捕獲アビリティは以下のブローカーにて入手することができます。
【ダンディ(捕獲アビリティ)】
 コスト:1回の利用に「捕獲メダル」1枚必要
 ⇒[基地]>[ショップ]>[ブローカー]>[無料]>[ダンディ(捕獲アビリティ)]

【レディ(捕獲アビリティ)】
 コスト:1回の利用に「レア捕獲メダル」1枚必要
 ⇒[基地]>[ショップ]>[ブローカー]>[便利アイテム]>[レディ(捕獲アビリティ)]

ブローカーの利用に必要な「捕獲メダル」「レア捕獲メダル」はイベントの
限定ミッション等で入手できる場合があります。

▼新登場アビリティの紹介
アビリティ名スロット数損壊
確率
アビリティ説明
捕獲Lv4(100%)100%基地へ攻撃した際に、100%の確率で、対象の基地に所属しており兵器編成数が0になった戦闘部隊の中からランダムで1部隊を72時間の間捕虜とする。
なお、1度の戦闘で捕虜に出来る部隊の上限数は1部隊までとする。
捕獲Lv3(100%)100%基地へ攻撃した際に、50%の確率で、対象の基地に所属しており兵器編成数が0になった戦闘部隊の中からランダムで1部隊を72時間の間捕虜とする。
なお、1度の戦闘で捕虜に出来る部隊の上限数は1部隊までとする。
捕獲Lv2(100%)100%基地へ攻撃した際に、30%の確率で、対象の基地に所属しており兵器編成数が0になった戦闘部隊の中からランダムで1部隊を72時間の間捕虜とする。
なお、1度の戦闘で捕虜に出来る部隊の上限数は1部隊までとする。
捕獲Lv1(100%)100%基地へ攻撃した際に、10%の確率で、対象の基地に所属しており兵器編成数が0になった戦闘部隊の中からランダムで1部隊を72時間の間捕虜とする。
なお、1度の戦闘で捕虜に出来る部隊の上限数は1部隊までとする。


▼捕獲アビリティに関する詳細
・捕獲アビリティを装着した部隊で相手基地へ攻撃した際に、兵器編成数が0になった相手戦闘部隊からランダムで士官を捕獲します。
・攻撃側の基地に施設「収容所」がない場合、捕獲することはできません。
・捕獲は攻撃側のみが行えます。防衛側は捕獲を行えません。
・援軍部隊を捕獲することはできません。
・捕獲アビリティを複数の士官に装着して戦闘を行っても、捕獲できる士官は1回の戦闘で1名までです。
・捕獲アビリティを装着した部隊が全滅しても、捕獲の処理は実行されます。
・3ターン目まで戦闘が継続しない場合でも、捕獲の処理は実行されます。
・捕獲された士官は捕虜となり、雇用中の士官として扱われなくなります。
 (解放された士官は、キープ士官候補枠へ戻ります)
・捕虜になった士官が装着しているアビリティは装着されたままの状態になります。
 (解放後にアビリティは外されます)
・捕虜となった士官は戦闘処理実行直後に、攻撃側基地の施設「収容所」へ収容されます。


▼捕獲が成功した際の戦闘レポートについて
捕獲が成功した場合、戦闘レポートに「[士官名]が捕虜になりました!」と表記されます。
戦闘レポート(捕獲成功)




捕虜を収容する新施設「収容所」について

捕獲した士官を捕虜として収容したり、収容した捕虜を追放することができる施設「収容所」が新登場。

施設名「収容所」
▼収容所の機能
【捕虜収容】…捕獲した士官を収容する基本機能です。
【味方捕虜一覧】…捕獲された自分の全士官の詳細情報を閲覧できます。
【敵捕虜一覧】…捕虜の詳細情報を閲覧できます。
【追放開始】…捕虜の追放を開始します。
       追放開始の実行には200Rmが必要です。
【追放】追放開始から24時間経過後に実行できるようになります。
     追放された捕虜は、装着しているアビリティと共に消滅します。
【追放中止】…追放開始を実行後、任意で追放を中止することができますが、
       消費されたコストは返却されません。


収容所建設画面
※収容所の建設画面

▼施設「収容所」に関する詳細
・捕獲した士官を捕虜として収容するための施設です。
・収容所に士官は配属できません。
・収容所を建設していない基地では、士官を捕獲することができません。
・捕虜は捕獲を行った部隊が居る基地の収容所に収容されます。
・捕虜を別の基地の収容所に移動させることはできません。
・収容可能な捕虜の人数は施設レベルにより増加します。
 (施設最大レベル3、最大収容人数3名)
・捕虜は各基地に建設した収容所毎に収容されます。
・捕虜を収容している状態で基地を解体したり占領された場合、収容している捕虜は解放されます。
・捕虜を収容している状態では収容所を解体することができません。


▼収容所「味方捕虜一覧」画面について
相手オーナーに捕獲された自分の士官の状態(収容基地の座標や、追放可能日時等)を
確認することができます。
味方捕虜一覧

▼収容所「敵捕虜一覧」画面について
捕獲した捕虜の状態(収容基地の座標や、追放可能日時等)を確認することができます。
また、捕虜に対して「追放開始」を実行すると、その捕虜を24時間後に追放することが
できるようになります。
敵捕虜一覧

▼収容所「味方捕虜一覧」「敵捕虜一覧」の項目についての補足
【解放日時】…収容された捕虜が解放される日時です。
【追放可能日時】…追放開始が実行された後、追放が実行可能となる日時です。





追放について

収容所で追放開始が実行されると、24時間後に対象となった士官の追放が実行可能な状態になります。
追放を実行された士官は消滅してしまいます。
ただし、追放開始の実行中に基地が攻撃を受けて耐久度が減らされてしまうと追放はキャンセルされ、
さらに追放開始が実行された士官も解放されてしまいます。
そのため、追放開始から追放を実行するまで基地を防衛する必要があります。

▼追放に関する詳細
・追放開始の実行には200Rmが必要です。
・追放開始の対象となった士官は、24時間後に追放の実行が可能な状態になります。
・追放された士官は消滅してしまいます。
 (追放された捕虜が装着しているアビリティも一緒に消滅してしまいます)

・追放開始を実行した基地が攻撃を受けて耐久度を減らされてしまった場合、追放は失敗となり捕虜は解放されます。
 (メイン基地の場合は耐久度は減りませんが、解放は実行されます)
・追放は途中で任意に中止することが可能です。追放中止後の捕虜は、解放期間満了まで再び収容されます。
 (再度追放を開始することも可能です)
・追放を中止したり失敗した場合でも、Rmは返却されません。
・解放期間満了までに追放が完了できない状態になった場合は、追放開始を実行できません。
・追放可能日時が過ぎて追放が実行できる状態であっても、解放日時が過ぎた捕虜は解放期間満了となり解放されます。
・複数の捕虜に対して追放開始を並行して実行することができます。
・追放開始と追放完了のタイミングで、直近7日間以内に大戦略WEBにアクセスしたワールド内の全オーナー宛てと、捕獲された士官の所有者のオーナーに通知のメールが送られます。
・追放開始実行後にワールド統合やリセットを実施した場合、追放失敗となり追放の対象となっていた捕虜は解放されます。





追放を実行する手順

※捕虜が収容されている前提での手順のご紹介となりますので、予めご了承ください。

▼基地内の捕虜が収容されている施設「収容所」を押下します。
基地画面


▼収容所の施設情報から「敵捕虜一覧」を押下します。
収容所画面


▼捕虜リストから士官を選択し「追放開始」を押下します。
収容所画面


▼内容を確認し、間違いがなければ「OK」を押下します。
※この段階では、まだ捕虜は追放できません。
この「追放開始」実行後、24時間経過した後に「追放」が実行できるようになります。
また、他オーナーへ追放開始の通知がメールで送られます。
追放開始確認画面@

↓↓↓↓↓↓↓↓

追放開始確認画面A


▼追放の実行が可能になった捕虜を選択し「追放」を押下します。
追放実行可能捕虜リスト


▼内容を確認し、間違いがなければ「OK」を押下します。
追放実行確認画面

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

追放の実行がまだできない状態の場合は、以下のように追放が可能になるまでの
時間がカウントダウン表示されます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

追放がまだできない状態の画面

追放が完了すると、追放された捕虜とその捕虜が装着しているアビリティと共に消滅し、
他オーナーへ追放完了の通知がメールで送られます。



今後とも『大戦略WEB』をよろしくお願いいたします。

10月24日
大戦略WEB運営チーム

GAME START

ログイン

PAGETOP